第101回全国高校野球選手権茨城大会は二十日、4回戦8試合が水戸市のノーブルホームスタジアム水戸など4球場であり、ベスト8が決まった。勝ち上がったのは水城、常磐大高、鹿島学園、水戸商、霞ケ浦、常総学院、石岡一、竜ケ崎一の8校。

 水戸商は、取手松陽に八回まで3-5とリードを許す苦しい展開。九回裏に2点を挙げて延長戦に持ち込み、十一回裏2死一、二塁から3番高橋優太選手の右前打でサヨナラ勝ちした。4年ぶりの優勝を目指す霞ケ浦と、春の県大会の覇者・藤代の一戦は、0-0の延長十回、霞ケ浦が4番山本雄大選手のサヨナラ中前打で制した。

 一昨年、昨年と夏二連覇中の土浦日大は...    
<記事全文を読む>