第101回全国高校野球選手権大会東京大会は二十日、東西合わせて12試合が行われた。東大会は、シード校の関東一、小山台、帝京などが勝ち上がり、8強がそろった。西大会は、第1シードの東海大菅生、創価など4校が8強入りした。

 

...    
<記事全文を読む>