第101回全国高校野球選手権岩手大会第8日は20日、盛岡市の県営球場と花巻市の花巻球場で4回戦4試合が行われ、シード一関一が10年ぶりに8強入りした。

 岡商に逆転勝ち。黒沢尻工は好機で長打が飛び出し、七回コールドで千厩を退けた。花巻東は水沢に最後までリードを許さず、一関学院は花北青雲との接戦を制した。

 第9日の21日も2球場で4回戦4試合を行い、8強が出そろう。

...    
<記事全文を読む>