【評】大崎中央が快勝した。一回無死一、三塁で3走麦谷が本盗を決めて先制。三回は星野の適時打と山口のバントヒットで2点を追加。その後も着実に加点した。角田は打線がつながりを欠いた。

 <大崎中央・山根(一回に2盗塁、七回は三塁打を放ち、返球の隙を突いて本塁生還)>
 「力を入れて練習してきた走塁を、迷わずできてよかった。だんだん調子も上がってきたので、次もいつも通りのプレーをして活躍したい」

 ▽3回戦(仙台市民)
大崎中央102100110=6
角  田000001000=1

...    
<記事全文を読む>