第101回全国高校野球選手権福岡大会は県大会初日の19日、4回戦の8試合が行われ、16強チームが次々と決まった。シード校では東海大福岡が敗退した。

 九州国際大付はエース投手を温存したが、危なげない試合運びで福岡舞鶴に7‐0の七回コールド勝ち。九産大九州と東海大福岡は激戦となったが、九回に勝ち越した九産大九州が6‐5で逆転勝利を収めた。

 筑陽学園は近大福岡を相手に6‐0の完封勝ち。筑紫台も2本の本塁打攻勢で、東筑紫学園を6‐0と退けた。福岡工大城東は青豊から初回に4点を先制し、リードを保って6‐3で逃げ切った。福岡大大濠は打線が14得点を挙げ、門司学園を4点に...    
<記事全文を読む>