甲子園出場を懸けたて争われている全国高校野球選手権沖縄大会。初めての4強入りを決めた西原には、格別の思いを持ってプレーする選手がいる。3年の與座崚太内野手は春季大会中に父の貞二さんを亡くした。最後の夏に、学校の歴史に残る4強入りを果たし「やったよと伝えたい。天国から見てくれてたかな」と感慨深げだった。

 小学3年生の時に、野球好きの貞二さんに勧められてボールに触り始め、一緒にキャッチボールをした思い出が残っている。試合には欠かさず足を運んでくれる父は、野球をメインに学校生活を送ってきた與座選手にとって心強い存在だった。
 貞二さんががんと診断されたのは突然だった。...    
<記事全文を読む>