夏の高校野球神奈川大会4回戦は20日、サーティーフォー保土ケ谷球場で桐光学園ー横浜南陵が行われ、春季県大会準優勝で第1シードの桐光が11ー1の五回コールド勝ちで22年連続のベスト16進出を決めた。

 桐光は初回に今大会初失点を喫したが、裏の攻撃で唐橋悠太(3年)が2点適時打を放つなど3点を返して逆転。二、五回にも加点してリードを広げた。守っては一回途中から救援した右腕谷村然(3年)が追加点を許さず、3戦連続のコールド勝ちにつなげた。野呂雅之監督(58)は「乱打戦ではなく、少ない失点でコールド勝ちできたことが良かった。公式戦でミスがない試合はないし、うちに運もあっ...    
<記事全文を読む>