第101回全国高校野球選手権大分大会第12日は19日、別大興産スタジアムで3回戦2試合があった。
 第3試合の情報科学―豊南は試合途中で雨脚が強まり、2日連続でノーゲームとなった。
 第1試合は中盤以降に畳み掛けた藤蔭が雄城台に大勝した。第2試合は大会初のタイブレークとなり、大分南が延長十三回に勝ち越して三重総合を破り、学校創立2年目で4強入りした1984年以来の8強入りとなった。
 第13日は20日、情報科学―豊南を第3試合に組み、3回戦の残り3試合を行う。

 大分南が夏の大分大会で初となるタイブレークの末、35年ぶりの8強入りを決...    
<記事全文を読む>