午後2時半開始予定だった第3試合の情報科学―豊南は前日(18日)に続き、雨が強まり、中断を挟みながら三回途中まで進んだが、午後6時55分にノーゲームに。
 7点をリードしていた情報科学の赤嶺司監督は「しっかり守っていいリズムだった」と振り返り、「2日続けて中止は経験がない。また試合ができるという気持ちで集中を切らさないようにしたい」と話した。
 一方、豊南の幸秀則監督は「(試合再開を)待っている間も選手はやる気満々だった」と話しながら、「また仕切り直しとなるが、この経験はなかなかできない。準備をしっかりとしたい」と表情を引き締めた。
 仕切り直しの一戦は2...    
<記事全文を読む>