全国高校野球選手権兵庫大会第11日は18日、4球場で3回戦7試合を行い、昨夏の西兵庫大会4強の小野は、第1シードの神戸北を5-3で破って4回戦に進んだ。尼崎北は第1シードの明石南に3-2で逆転勝ちした。第1シードの市川は10-3の七回コールドゲームで姫路飾西に快勝した。ほっともっとフィールド神戸の第2試合、村野工-須磨学園は、村野工が3-1でリードしていた七回表途中、降雨ノーゲームとなった。再試合は20日正午から、高砂球場で行われる。

 各校の終業式が重なる19日は試合がなく、第12日は20日、再試合の3回戦1試合と4回戦8試合の計9試合が行われる。

...    
<記事全文を読む>