第101回全国高校野球選手権栃木大会第6日は18日、県営、清原、栃木市営の3球場で2回戦の残り8試合を行い16強が出そろった。作新、佐野日大、今工、国学栃木のシード4校のほか、真工が8年ぶりに3回戦へ駒を進めた。

 9連覇を狙う作新は黒羽に13-1の七回コールド勝ち。石井巧(いしいたくみ)主将が3安打1本塁打の活躍を見せるなど計16安打で圧倒した。3季連続優勝を目指す佐野日大も上三川に10-0の五回コールド勝ち。主戦松倉亮太(まつくらりょうた)が五回参考ながら無安打無得点と好投した。

 今春4強の国学栃木は勝盛直樹(かつもりなおき)の左越え2点本塁打で先制し、8...    
<記事全文を読む>