市浦和は1―2の四回、守屋の二塁打で追い付き、2死満塁から鵜瀬の3点二塁打で勝ち越し。叡明は六回の1死満塁での併殺が痛かった。

■逆転でシード撃破

 思い一つにシード撃破だ。市浦和が四回の一挙4得点で逆転し、叡明に快勝。鈴木監督は「『絶対に勝つんだ』という選手の執念が実った」と興奮冷めやらぬ様子だった。

 二回に2点を許し、1―2とされたが四回に打線がつながった。4番守屋の二塁打で追い付き、その後、2死満塁の好機を築くと9番鵜瀬が「バットに当たった瞬間、『よし』と思った」と、手応え抜群の当たりは中堅手を越える走者一掃の二塁打で3点を勝ち越した。 <記事全文を読む>