第8日は3回戦の残り17試合を行い、4回戦に進出する32チームが出そろった。Cシード花咲徳栄の中津原隼太投手(3年)が正智深谷戦で夏の大会史上24人目となる無安打無得点試合を達成した。

 市浦和はDシード叡明に7―3で快勝。越谷西が3―1でDシード川口市立を下した。八潮南は延長十回の末、3―2で豊岡にサヨナラ勝ち。大宮北も10―9のサヨナラで滑川総合を破った。

 第9日は20日に県営大宮など3球場で4回戦8試合が行われ、Aシード浦和実が昨夏の甲子園8強の浦和学院と激突する。

■18日の勝敗

▽3回戦
花咲徳栄9―0正智深谷 <記事全文を読む>