1992年夏。甲子園球場が、星稜高校(石川県)の松井秀喜選手への5連続敬遠でどよめいた。同級生として同じグラウンドに立ち、星稜のエースだった山口哲治さん(45)=兵庫県加古川市=が、少年野球チームの監督を務めている。あの敬遠を目の当たりにした山口さんは、子どもたちに「思いっきり振ってこい」と背中を押す。プロを目指しながら、かなわなかった夢。栄光と挫折の体験を指導力に変え、20日に開幕する「神明あかふじ米第32回兵庫県ジュニア軟式野球選手権大会」に挑む。

 山口さんは、石川県かほく市出身の左腕投手。星稜では、60人以上の部員の中で1年生からエースナンバーを背負い、松井さんとと...    
<記事全文を読む>