南大会は3試合が行われた。1回戦の好カード、札大谷―駒大苫小牧は大接戦。駒大苫小牧は1点を追う五回、無死一塁から4番・竹中研人捕手(3年)が右中間に逆転2ランを放って勝利をたぐりよせた。駒大苫小牧はそつのないプレーで伝統校の貫禄を見せつけ、5―3で昨秋の明治神宮大会の覇者を破った。東海大札幌高は小林珠維投手(3年)の投打にわたる活躍で、2年ぶりの4強を一番乗りで決めた。札第一は今大会初の延長戦にもつれ込んだが、十回にサヨナラで北星大付を下した。

 駒大苫小牧の“らしさ”が出たのは、竹中の逆転弾のあとの六回だ。これ以上の失点が許されない札大谷は先発・西...    
<記事全文を読む>