(埼玉大会=17日・県営大宮ほか)

 第7日は順延された2回戦の残りの1試合と3回戦15試合の計16試合が行われ、3回戦で武南がDシード松山に5―3で逆転勝ちした。

 狭山ケ丘は延長十回の末、4―3で川越東を破った。Aシード春日部共栄は、ふじみ野に3―0で完封勝ち。同じくAシードの浦和実は浦和を9―1の七回コールドで下し、Dシード聖望学園は4―3で川越西を退けた。2回戦の志木―草加西は、志木が3―2で競り勝った。

 第8日は県営大宮など6球場で3回戦の残り17試合が行われ、4回戦に進出する32チームが出そろう。

■17日の結果

<記事全文を読む>