浦和実は一回に竹内の左越え2ランなど3点を先制。五回には3適時打で4点を加えて突き放した。浦和は4安打と打線が振るわず。

■復調を示す一発

 春の県大会と関東大会の打率が1割台と苦しんできた4番竹内が復調を示す一発。一回の先制した直後、1死二塁から甘く入ってきたスライダーを左翼席に放り込み、「思い切って振れた。自分でもびっくりするくらい飛んだ」と満面の笑みを浮かべた。

 体が開かないようにフォームを修正してきたことで頼りになる主砲に本来の打撃が戻ってきた。次の相手は昨夏の甲子園8強の浦和学院。捕手としても投手陣をリードする攻守の要は「勝てば甲子園はぐ...    
<記事全文を読む>