第101回全国高校野球選手権の出場を懸けた地方大会は16日、各地で試合が行われ、岩手大会で高校野球史上最速163キロを記録した佐々木朗希投手の大船渡が初戦の2回戦に出場し、遠野緑峰に14-0で五回コールドゲーム勝ち。先発佐々木は2回を無安打無失点、球速は最速147キロだった。

 【岩手】
 ▽2回戦
大東 7―2 不来方
花泉 7―1 岩泉
久慈 4―2 黒沢尻北
福岡 3―0 高田
盛岡北 5―3 住田
岩手 16―0 一関修紅
大船渡 14―0 遠野緑峰
一戸 7―3 宮古

...    
<記事全文を読む>