第101回全国高校野球選手権福岡大会は15、16の両日、3回戦の残り計24試合を行い、県大会に出場する全32校が出そろった。うちシード校は14校が進出したが、八幡南、嘉穂東は敗退した。県大会は19日から始まり、順調に進めば決勝戦は28日に久留米市野球場で開かれる。

 15日は北部大会6試合、南部大会9試合の計15試合があった。

 北部では、シード校の真颯館が八回コールド勝ち。同じくシード校の嘉穂東は東筑に、八幡南は豊国学園にそれぞれ敗れた。昨年の北福岡大会優勝校の折尾愛真は、五回コールド負けで姿を消した。南部のシード校は、博多工、福岡工大城東、東福岡、大牟田が順...    
<記事全文を読む>