夏の高校野球の神奈川大会2回戦で16日、悪天候の影響でサーティーフォー保土ケ谷球場で予定されていた横浜―横浜旭陵・相模向陽館、俣野公園・横浜薬大スタジアムでの湘南学院―星槎国際湘南の一戦が中止となった。17日以降の日程は、夕方頃に発表される。

 4大会連続で夏の甲子園を目指す第1シードの横浜のエース及川雅貴(3年)は「(早朝から)結構人も並んでいるし、日程がツメツメになってしまうのでやりたかった。しっかり準備します」と話した。横浜旭陵・相模向陽館の主将岩田理希(同)は「きょう、やりたかった。甲子園の常連校相手に、できるこを最大限やって、躍動すれば結果は付いてくる。...    
<記事全文を読む>