3点差を追う展開となった九回裏の攻撃。「うちは打力のチーム。これぐらいなら必ず逆転できる」。最後まで勝利への気持ちを切らさず、つなぐ野球に徹した清流館ナインが、鮮やかな逆転劇を演じた。
 松野と石崎の連続安打で好機をつくると、杉山の右前二塁打で1点を奪取。さらに、宮田の右前打で同点に追い付いた。続く川本が「みんながつないだチャンス。自分が何とかする」と甘く入った変化球を見逃さず、勝利を呼び込む中前打を放った。
 二回以降、好機にあと一本が出ず、苦しい展開が続いたが、ナインは笑顔を絶やさなかった。「最後はやってくれると信じていた」と小泉監督。期待通りの活躍に目を細めた...    
<記事全文を読む>