第101回全国高校野球選手権栃木大会は15日、清原、県営、栃木市営の3球場で1回戦8試合が行われた。

 シード矢板中央は足利南に12-2の五回コールドで勝利。黒羽は昨夏準優勝の白鴎足利を1-0で破った。清陵は7-0の七回コールドで小山北桜を下し、足大付は矢板に6-0、今市は小山南に5-0で完封勝ちした。

 大会第4日は16日、3球場で1回戦8試合が行われる。

【15日の試合結果】 清陵7-0小山北桜 矢板中央12-2足利南 小山西7-4栃木 足大付6-0矢板 今市5-0小山南 宇都宮4-1黒磯南 真工6-4宇北 黒羽1-0白鴎足利

...    
<記事全文を読む>