第101回全国高校野球選手権岡山大会第2日は14日、倉敷市営球場と美咲町のエイコンスタジアムで1回戦4試合があった。

 一宮はシード校の明誠学院に6―5で競り勝ち、備前緑陽は延長十回に9点を挙げ、津山高専を12―3で下した。このほか、昨夏4強の東岡山工、金光学園も2回戦に進んだ。

 和気閑谷―岡山は三回裏、和気閑谷の攻撃中に雨が激しくなり、降雨ノーゲーム。16日に延期となり、倉敷市のマスカットスタジアムである第1試合(午前8時半開始)に組み込まれた。

 第3日の15日は両球場で1回戦5試合がある。

...    
<記事全文を読む>