第101回全国高校野球選手権岩手大会第3日は14日、盛岡市の県営球場などで2回戦9試合が行われ、第1シード花巻東が花巻北との同地区対決を延長十回5-4でサヨナラ勝ちした。

 第4シード専大北上は同地区の黒沢尻工に0-4で敗れ、3年連続の初戦敗退。盛岡一と盛岡工の盛岡勢対決は盛岡一が7-6で九回逆転サヨナラ勝ちした。宮古工は3年ぶりに夏1勝を挙げた。シードの一関学院、一関一、一関二の一関勢は大勝で初戦を突破した。

 第4日の15日は県営、花巻、森山総合公園の3球場で2回戦9試合を実施。第5日の16日は3球場で2回戦8試合が行われる。

...    
<記事全文を読む>