◆高校野球福岡大会3回戦:西南学院0-11筑陽学園【5回コールド】(14日・春日公園野球場)

 選抜大会8強の筑陽学園でエースナンバーを背負う右腕が、今夏初登板を無難に滑り出した。先発の西が3回を被安打1、無失点。5回コールド勝ちにも「緊張しすぎて思い通りに投げられなかった」と満足はしていなかった。

 打たせて取る投球で相手打線を抑え込んだ。スライダー、カーブ、フォークに加え、冬に習得したツーシームと多彩な変化球を織り交ぜ、的を絞らせない。初回先頭打者にこの日唯一の安打を左前に運ばれたが、後続を遊ゴロ併殺、左飛で打ち取った。ただ2四死球を出し、自己評価は「40点...    
<記事全文を読む>