第百一回全国高校野球選手権長野大会第九日は十四日、松本市野球場など四球場で三回戦八試合があり、ベスト16が出そろった。Bシードの飯田が姿を消し、駒ケ根工や赤穂、弥生ケ丘などが四回戦進出を果たした。

 十五日は四球場で四回戦八試合が行われ、8強が決まる。

...    
<記事全文を読む>