6回に打線が爆発した若松商が福島成蹊を13―2で破った。若松商は初回に2点を先制。1点リードで迎えた6回には、弓田の本塁打など打者一巡の攻撃で一挙10点を奪い、試合を決めた。福島成蹊は6回に2点を返したが、力尽きた。

...    
<記事全文を読む>