一つ上の代で主将を務め、今年3月に卒業した比嘉竜希さん(19)は現在入院しており、球場に来ることができない。だからこそ「竜希のために絶対勝とう」(藤井智監督)と声を掛け合い、4強入りを目指してきた。20日の準決勝からはテレビ中継があるため、病室の竜希さんにプレーする姿を見せられるからだ。

 5年ぶりに初戦を突破。14日に沖縄セルラースタジアム那覇であった3回戦では、知念に9-4で勝って15日の準々決勝進出を決めた。

 初回に先制されても、すぐに追い付いて流れを引き寄せた。九回まで1人で投げたエースで3年の坂井勇志さんは「竜希さんは最高のキャプテン。『誰かのために...    
<記事全文を読む>