夏の高校野球北北海道大会1回戦で、帯大谷に先制を許した直後の四回に追いつき、さらに2死一、三塁と攻め立てる滝川西。打席に立った9番中島(3年)は「絶対上位につなぐ」と外角高めの直球をたたいた。打球は左前に落ち、勝ち越し点をもぎ取った。

 「点を取り返すぞ」。攻撃前、ベンチ前でチームメートとともに声を張り上げた。「スライダーは捨て、直球だけを狙う」というバッティングでつなぎ役の仕事を果たした裏には、苦しい日々があった。

...    
<記事全文を読む>