第101回全国高校野球選手権秋田大会(県高野連など主催)第3日は13日、秋田市のこまちスタジアム、さきがけ八橋球場、能代市の能代球場(山田久志サブマリンスタジアム)、横手市のグリーンスタジアムよこての4球場で、前日順延となった2回戦8試合を行った。

 第1シードの明桜は秋田に競り勝ち、第2シードの能代は秋田商を下した。第3シードの秋田中央、第4シードの湯沢翔北はともに大勝で3回戦進出を決めた。

 14日は4球場で2回戦8試合を行い、16強が出そろう。

...    
<記事全文を読む>