【旭川】第101回全国高校野球選手権(8月6日開幕・甲子園)の代表校を決める北北海道大会が13日、旭川スタルヒン球場で開幕した。6支部の代表16校が熱戦を展開する。

 小雨となった開会式では、旭龍谷(旭川支部)の河野良太主将が選手宣誓。「好きな野球が思い切りできることへの感謝の気持ちを胸に、正々堂々戦い抜き、令和最初の夏を最高の夏にする」と力強く述べた。

 開幕試合は昨年優勝の旭大高(旭川支部)と釧湖陵(釧根支部)が対戦し、旭大高が4―0で釧湖陵を退けた。第2試合は帯北(十勝支部)が3―1で北見北斗(北見支部)に逆転勝ちした。第3試合は旭北(旭川支部)が稚内大谷...    
<記事全文を読む>