公立の名伯楽2人がタッグを組んで、百合丘が2年ぶりの初戦突破だ。

 ベンチに並んで仁王立ちしていた。40年近くにわたって百合丘を指揮する宮地洋人監督(55)がサインを送れば、傍らでは、定年後の再任用で今春就任した川崎北前監督の西野幸雄部長(60)が大声でげきを飛ばした。

 2001年春の県大会で準優勝した宮地監督と、04年夏に神奈川工を率いて準優勝した西野部長の最強コンビが夏1勝で好発進。西野部長は「定年になる時は騒がれちゃったけど、死ぬまで高校野球には携わるよ」と張り切っている。

 語り合わずとも2人の思いは同じ。「(準優勝の)さらに上に行くにはど...    
<記事全文を読む>