令和初のチャンピオン目指せ―! 第101回全国高校野球選手権高知大会が13日、開幕した。高知市の春野球場で行われた開会式では、昨年より2チーム少ない26チーム(連合2)30校の選手が、堂々と行進。春野、高知両球場で熱戦の火ぶたが切られ、夏の甲子園を目指す戦いが始まった。

 時折、小雨が降るあいにくの天候。高知西高・高知国際中の吹奏楽部が演奏する大会行進曲などが流れる中、昨年優勝の高知商を先頭に選手たちが次々と行進した。

...    
<記事全文を読む>