第101回全国高校野球選手権栃木大会は12日、県営球場で開会式を行った後に1回戦2試合を行い、宇南と佐野松桜が2回戦に進んだ。

 開幕戦では宇南が13安打を放ち、12-0の五回コールドで完勝。初回に主砲佐々木優斗(ささきゆうと)の左適時二塁打で先制すると、二回には羽石将英(はねいししょうえい)の右越え2点適時二塁打など打者一巡の猛攻で4点を加えた。

 佐野松桜は8-4で鹿沼南を下し、3年ぶりの初戦突破。五、六回に猿橋蓮(さるはしれん)の2打席連続適時打などで計6得点を挙げた。猿橋は投げても7回2失点と好投した。

 大会第2日は13日、県営、清原、栃木...    
<記事全文を読む>