第101回全国高校野球選手権奈良大会は13日、佐藤薬品スタジアムで38チームが参加して開幕する。春季近畿地区大会県予選で優勝した智弁学園、準優勝の郡山、ベスト4に入った高田、奈高専がシードされた。大会を展望する。

 優勝候補筆頭は智弁学園。投打にバランスが良く力強い。打線は上位から下位までどこからでもチャンスが作れ本塁打も飛び出す。

...    
<記事全文を読む>