令和最初の甲子園球場出場を懸けた第101回全国高校野球選手権三重大会(県高野連など主催)は11日午後3時から、四日市市羽津甲の四日市ドームで、参加62校の球児が参加して開会式が開かれる。入場無料。

暑さ対策のため屋内で開催し、開会式直後の開幕試合は行わない。選手宣誓は津工業高校3年の西口生真主将が務める。

熱戦の幕は13日に開ける。三重国体に向けた改修工事のため四日市市営霞ケ浦球場が使用できず、津球場公園内球場、県営松阪球場、伊勢市倉田山公園球場(ダイムスタジアム伊勢)の3球場で実施。日程が順調に進めば決勝は27日、松阪球場で行われる。

...    
<記事全文を読む>