第101回全国高校野球選手権埼玉大会が10日、開幕した。初出場の浦和麗明高校(さいたま市浦和区)の選手たちは開会式が行われた県営大宮球場で堂々とした入場行進を披露した。2018年創部で2年生中心のチームは「自分たちは挑戦者」と初めての夏の大会に挑む。

 同校は2015年に小松原女子高校から浦和麗明高校に校名変更、18年から男女共学になり、硬式野球部も創設された。

 部員は2年生40人と1年生22人の計62人。創部当初は打球も飛ばず、長打などは出なかったが、水曜の休み以外は毎日午後5時から3時間練習して力をつけてきた。今では外野を越える打球も増えてきたという。 <記事全文を読む>