幼い頃からバットとボールが手の届くところにあった。プロ選手として活躍する父親の姿が、野球を始めたきっかけだった。周囲の大きな期待や懐疑的な視線に苦しんだ時期だって過ごした。でも、今なら胸を張れる。「こんなに面白い野球を教えてくれて、ありがとう」。夏の聖地を目指す球児たちのアナザーストーリー。

野球一家で育つ

 たとえ試合に出られなくても、チームのためにできることがたくさんある-。星槎国際湘南の野村忠克は、日本中の誰もが知る野球一家に生まれた重圧と闘いながらも、大切なことに気付くことができたという。

 プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天を指揮した名将克也...    
<記事全文を読む>