第101回全国高校野球選手権宮城大会は13日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で開幕する。67チームによる優勝争いは春の県大会を制した仙台育英、準優勝の東北、3位東北学院が中心で、佐沼、塩釜、古川などの公立勢も差がない。ブロック別に大会を展望する。

 ▽Aブロック
 第1シード仙台育英は主戦大栄を中心に投手層が厚い。右腕伊藤、左腕笹倉の1年生コンビも安定感が増し、継投がはまると攻略が難しい。東北大会のチーム打率は4割1分3厘で4強トップ。破壊力がある。
 塩釜は投手陣の出来が上位進出の鍵を握る。主戦高橋は切れのあるスライダーが武器。直球に力がある川村と...    
<記事全文を読む>