高校野球の第101回全国高校選手権沖縄大会の第7日は8日、沖縄セルラースタジアム那覇などで2回戦9試合が行われた。美里工は終盤に勝ち越し、6―1で第3シードの北山を退けた。八重山は九回2死から逆転し、6―4で豊見城に勝利した。北谷は十三回タイブレークの末に7―5で石川との延長戦を制した。第1シードの興南は2―0で前原を退けた。宮古は9―5で沖縄カトリックを、宜野湾は5―2で名護を振り切った。首里東は7―0で北中城、具志川商は11―0で浦添商に七回コールド勝利。中部商は10―2で日本ウェルネスに八回コールド勝ちした。9日の第8日は2回戦5試合が予定されている。

<記事全文を読む>