第101回全国高校野球選手権大分大会第2日は8日、別大興産スタジアムで1回戦3試合があった。
 第1試合は中盤から畳み掛けた翔青が粘る高田に大勝した。
 第2試合は投打に隙を見せなかった昨夏準Vの柳ケ浦が竹田に完封勝ちした。
 第3試合は昨夏王者の藤蔭が東明の追い上げをかわして逃げ切った。
 第3日は9日、同球場で1回戦3試合がある。

 ▽1回戦
藤蔭 000 300 021|6
東明 000 010 001|2

 【評】投打がかみ合った藤蔭が1回戦屈指の好カードを制した。
<記事全文を読む>