守りから攻めへ。県北の伝統校、佐沼は従来の方針を180度転換し、初めての甲子園を目指す。
 春の東部地区大会は4試合で実に32得点。犠打は三つだけで、果敢に振り抜いて得点を重ねた。春の県大会は準々決勝で東北に屈したが、8強入りしてシード権を獲得した。
 きっかけは昨夏の宮城大会だった。2回戦の柴田戦で好投手柴崎の前に3安打に封じられた。新チームで主将に就任した千葉は「打てなければ勝ち上がれないことを痛感させられた」と振り返る。
 秋から練習に取り入れたのは「縦振り」と呼ばれるトレーニングだ。山なりの球をゴルフスイングのようにすくい上げることを繰り返し、確実...    
<記事全文を読む>