第101回全国高校野球選手権静岡大会は7日、静岡市駿河区の草薙球場で開幕した。開会式では前年覇者の常葉大菊川を先頭に112校111チームが入場行進。開会式直後の開幕戦は東海大翔洋が8-1、七回コールドで聖隷クリストファーを下した。全国選手権(甲子園)への出場権を懸けた熱戦は静岡県内10球場で10日間にわたって繰り広げられる。日程が順調に進めば決勝は28日、草薙球場で行われる。

...    
<記事全文を読む>