昨秋、事故で重傷を負ってプレーヤーとしての道を断たれ、現在、「学生コーチ」としてチームを支える高校球児がいる。追手前高校3年の高橋奏太さん(18)。最後の夏は、試合前に内野ノックを打ち、試合では三塁ランナーコーチとして仲間とともに戦う予定だ。高橋さんは「いろんな人に支えてもらった。恩返しをしたい」と意気込んでいる。

...    
<記事全文を読む>