第101回全国高校野球選手権大分大会は7日、大分市の別大興産スタジアムで開幕した。今夏は45校・44チーム(宇佐産・双国は連合)の球児たちが、甲子園出場を目指して熱戦を繰り広げる。
 試合に先立ち、開会式があった。各校の選手たちが続々と入場し、中でも三重総合の大きく腕を振り上げるパフォーマンスに会場から歓声が上がっていた。この後、山田かりんさん(大分高3年)が君が代を独唱。前回大会を制した藤蔭の松尾将主将(3年)が優勝旗を返還。鶴城の池田和樹主将(3年)の選手宣誓で大会の幕が開いた。
 この後、1回戦1試合があり、杵築が三隈に大勝し、2回戦に進んだ。
 第...    
<記事全文を読む>