第101回全国高校野球選手権の福岡大会が開幕した6日、小倉北区の北九州市民球場であった開会式で、北九州・京築地区の39チームは元気よく入場行進を披露した。

 開幕試合では、北部大会の築上西と小倉東が対戦。小倉東が五回コールド勝ちした。二回に小倉東の打線が爆発。安打を重ね、一気に7点を奪った。四回にも打線がつながり4点を追加。築上西を突き放した。築上西は、相手投手を打ち崩せなかった。

...    
<記事全文を読む>