元プロ野球選手の古溝克之氏(55)が函大有斗高硬式野球部の監督に就任した5日、選手たちは新監督の下で初めての練習に臨んだ。古溝監督は「甲子園優勝を目指そう」と語りかけ、選手たちと古豪復活を誓った。

 この日は3年生の引退後、初練習で、函館市見晴町のグラウンドに新チームが集まった。選手たちは緊張した面持ちだったが「頑張ろう」と掛け声を合わせ、ランニングやキャッチボールなどの練習をきびきびと行った。古溝監督はランニング練習で「最後までしっかり走ろう」などとアドバイスを与えていた。

 監督就任にあたり、「投手中心に堅守のチームを作っていきたい」と語り、選手たちには「大...    
<記事全文を読む>