第101回全国高校野球選手権福井大会の組み合わせ抽選会が7月4日、福井県生活学習館(福井市)で開かれ、30校の対戦が決まった。シード4校の主将が大会への意気込みを語った。

 第1シード福井工大福井の高原侑希主将は「最後の大会なので必ず優勝します」と力強く語った。第2シードで昨夏優勝の敦賀気比、上間洸太主将は「夏に懸ける思いは強い。一戦一戦勝ち上がる」と決意を示した。

 第3シード福井商業の山田来陽主将は「悔しい思いをしてきた。絶対に自分たちの代で甲子園に行く」。第4シード啓新の穴水芳喜主将は「目の前の試合に全力を出す。ワンチャンスをものにする」と闘志を燃やした。...    
<記事全文を読む>