開幕が6日に迫った第101回全国高校野球選手権福岡大会に、福岡大若葉(福岡市中央区)が唯一の初出場校として挑む。今年4月に共学校となり、男子硬式野球部も創部されたばかりで、部員32人は全員1年生。新任教諭の尾崎弘直監督(22)が率いるフレッシュなチームは「1勝」の目標を掲げ、8日の初戦に向けて練習を重ねている。

 「もう1本!」。2日夕、グラウンドを濡らす雨が次第に強くなる中で、福岡大若葉チームは守備やバントなどの練習に汗を流した。ノックバットを握りながら選手たちの状態を見守った尾崎監督は、「一人一人の技術力は確実に上がってきている」とうなずいた。

 高校時代、...    
<記事全文を読む>