メンバー全員を3年生で固め、チームワークで同校初の甲子園出場を狙う。赤嶺司監督は「仲が良く、非常にまとまりがある。当然1番を目指す」と意気込む。
 投手陣を中心に失点を抑える野球が身上。左上手の後藤将太(3年)が先発候補で、右スリークオーターの坂本大翔(同)が中継ぎ、右上手の平佐拓海(同)を抑えに据えるローテーションが必勝パターン。それぞれ力があり、充実の布陣で臨む。
 投手陣を支える守りもしっかりしている。遊撃の立川哉汰(同)、中堅の藤沢颯太郎主将(同)のセンターラインを中心に内外野とも安定している。「守備練習をとても大切にしている。投手陣は簡単に打たれないが、失...    
<記事全文を読む>